千里中央校

千里中央校外観

高校受験、そして大学受験へ。
先を見据えた学習姿勢を身につける。

指導のポイント

英語はリスニングと英文法両方で英語入試の変化に対応

大阪の公立英語入試について
①何がどう変わるか?
平成29年度の公立高校より、難易度によって3種類用意されます。「実践的に使える」英語教育に向けて「読む・聞く・書く・話す」の 4技能のバランスの取れた学習を目指し、特に難易度が最も高いものは大きく改訂されます。
②必要とされる力は?
最も難易度の高い試験(文理学科・国際文化科などの入試で使用することを想定)では、問われる4技能は以下のようになっています。 「読む」→1分間に読む語数が2.7倍(1分あたり96語)
「聞く」→リスニング問題の配点が1.7倍(約33%)
「書く」→自分の考えをまとめるライティングの問題が2.5倍(約20%)
「話す」→現時点では入試問題にはない。

要項をみる

最大週3日で5科目指導(中1-3全て)

要項をみる

公立だけではなく、私立専願入試にも対応

2016年合格発表はこちら

高校部もあるので先を見据えた指導

千里中央校ってこんな教室です

ポイント1K-space利用が
強力なサポーター

静かな学習環境を提供することはもちろん、チューター講師がいつでもみなさんのそばにいてくれる、「K-space」。「学校の定期考査前に集中 できる環境が欲しい」「勉強していてわからないところをすぐに先生に聞きたい」、そういったお声に応えることができます。

ポイント2公立上位校 難関校受験も
視野に入れた英語指導

文法指導、長文読解指導は当然のこと、公立高校受験において、前期・後期共に課せられているリスニング指導にも力を入れております。中3では1年 間かけてネイティブ外国人講師による、公立出題傾向に合わせたオールイングリッシュのリスニング指導を行います。なお、ネイティブ講師が小4~中 3までの全学年の英語指導にあたります。

ポイント3WEB動画で
万全の欠席フォロー!

授業を欠席しても、WEBで収録された動画を、端末でK-spaceで自由に見ることができます。また、「単元別ライブラリー」では、小学生~高 校生まで数多くの講座を取り揃えています。好きな時に好きな単元を見ることもできます。

千里中央校責任者からのメッセージ

開進館千里中央校は、大阪モノレールの千里中央駅からすぐ、「SENRITOよみうり」という建物内にあります。地域の小・中学生の皆さんにとっ ては通いやすい場所にあることと、電車を利用して通学する高校生の皆さんにも学校帰りに利用できる最適な学習ス ペースとなっております。千里中央校の特徴は「K-space」という、講師常駐の自習室があることです。集団授業で分からなかったところなどについて は、このK-spaceを活用してフォローを受けることができます。集団授業に個別指導の要素も加えた学習指導をしております。

アクセスマップ

電話:
06-6833-0555
FAX:
06-6833-1236
住所:
〒560-0082 大阪府豊中市新千里東町1-1-3
SENRITOよみうり3F
大阪モノレール千里中央改札を出てすぐ SENRITOよみうり3F
SENRITOよみうりについて詳しくはこちら>>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加